アシガール第2話の感想・ネタバレまとめ!戦国時代にタイムトラベルした唯が戻ってきた!?

DKQc0BWVoAANS6G

アシガールの第2話が放送されました、今回は主人公の唯が、タイムスリップした戦国時代から元の世界に戻ってきました。

ですが、元の世界であのタイムスリップした世界のたった半年後に、若君が死んでしまうことを知り、若君を守るため唯は再び戦国時代に戻ることを固く決意します。

果たして今後、唯は再びタイムスリップし、一体どうなってしまうのでしょうか?

早く続きの3話が見たいところですね。

アシガールの第2話の感想・ネタバレ「若君めざして一直線!」

DK76McNUEAAfO7k

引用:https://twitter.com/IMAGE_enter/status/913942873724170240/photo/1

主人公・速川 唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で、オシャレにも関心がないぐうたらな16歳の女子高生で、毎日明るい高校生活をなんとなく送っていた。

恋愛にも関心がなく、好きな男の子もいないまま、ただ一つの取柄は「走る事」だけだった。

しかし、ある満月の夜、唯よりひとつ年下の発明好きの弟の尊(下田翔大)が物置を改造してつくった実験室でタイムマシンを完成させた。

弟の尊は、唯とは正反対の性格で、スポーツは苦手だし体力もなく線細で食も細い。しかし、特に科学の分野で天才的な頭脳を持っていた。

尊によるとそのタイムマシンで戦国時代までは約20秒で移動できるという。そして偶然その場に居合わせた唯は、誤ってタイムマシンのスイッチを起動させてしまい、戦国時代に送り込まれてしまう。
目覚めた唯は激しく混乱し、あわてて元の時代に戻ろうとするが、戻ることができない。とにかく、周りの足軽たちに自分のことがバレないようにと、何とか仲間のよろいを手に入れ足軽隊に混じることに成功する。
そして、唯は、「唯之助」としてその日から戦国時代での日々を過ごすことになる。

だが、一目ぼれした若君・忠清(健太郎)に会えず落胆しているところに、家老どうしが家来に競わせる「かけくらべ大会」の話が耳に入ってくる。

唯はまず天野家の家来になろうと、隠居・信茂(イッセー尾形)に、馬にも劣らぬ足の速さを見せて「駆けくらべは私にお任せください!」と直訴し、馬に乗った信茂に走って追いつき、信茂に足の速さを見出され、かけくらべに出場することになる。

若君の傍にいたい一心で、かけくらべの対戦相手の悪丸と対峙する唯。そしていよいよかけくらべ当日、走り出した両者、スタートこそ出遅れた唯だったが、見事な追い上げをみせ、悪丸を追い抜いてしまう。

だが、敵の味方の侍たちの仕掛けた罠にはまって動けなくなった唯を、悪丸は助ける。そして、唯は旗を悪丸から受け取り、走り出す。

そして、見事かけくらべに勝利したものの、唯は天野に取り立ててもらうことはできず、褒美をもらい唯之介として農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに戻ってくる。

その途中、対戦相手の悪丸が唯についてくる。そして唯の持っていた荷物を持ち歩き出す。仕方なく悪丸も吉乃のもとに連れて帰ってくる唯。悪丸もここにおいてあげてほしいと頼み込む。

結局若君に会えないまま、農村の吉乃のもとでその後、空腹と労働で厳しい暮らしを何日もした唯だったが、諦めきれない唯は、農村の吉乃の家をこっそり抜け出し、お城に向かう。

そこで出会ったのは、忠清の腹違いの兄・成之(松下優也)だった。足軽として、忠清の役に立ちたいと訴え、城に連れて行ってほしいと頼む唯だったが、成之は自分と忠清とは母親が違うといい、断る。

DJ0pwHrVwAI8TxP

引用:https://twitter.com/5381nori/status/908928622253051906

成之から若君の婚約者の阿湖姫(川栄李奈)のことを聞かされた唯はその場から居てもたってもいられなくなり、立ち去る。落ち込む唯。その夜は満月だった。そして、月を見ながら忠清を想う唯は、突如近くを馬に乗った忠清と鉢合わせる。最後に一目会いたいと、走り出す唯だったが唯は、足軽の姿のまま元の2017年の世界に戻ってくる。

何と、唯がタイムスリップした時間から元の世界では3分しか経っていなかった。戦国時代で過ごした30日間はこの世界ではたった3分間なのだと尊は言う。

つまりタイムマシンは満月の夜、片道1回しか使えず、タイムスリップした人間は次の満月までの30日間はずっと元の世界には帰ることができず、行った場所で過ごさないといけないというのだ。

元の世界でご飯の美味しさや生活の便利さを痛感する唯。そして二度と会えなくなった若君を想って床に就く。

そして、次の日学校で弁当を食べている時唯は、忠清の話をする。そして、忠清たちの時代のことを歴史の教師に興味津々で聞く。

そして、そこで若君・忠清が半年後、合戦で命を落とす運命だということを尻、驚いた唯は何とか若君を守るため、再び戦国時代に自分からタイムスリップすることを強く決意する。

スポンサーリンク

アシガールの第2話の感想まとめ!

現代の女子高生だったはずがタイムスリップして、戦国に来てしまった唯は、タイムスリップした戦国の世でたくましく足軽の唯之助としてそれからの日々を過ごしていました。

DK9kxQRUQAYyM4L

引用:https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

しかし第2話で突如、満月の夜に戦国時代から2017年の現代に足軽の格好のまま戻ってきた唯は、いったん元の生活に戻ることになりますが、若君・忠清がまもなく合戦で命を落とす運命だということをひょんなことから知ることとなり、再び戦国時代に自分からタイムスリップして若君を救おうと強く決意します。

その熱意に根負けした弟の尊は、唯のために新たなグッズ「秘剣・でんでん丸」を発明して持たせます。

次の満月の夜、戦国時代に戻ってきた唯は、吉乃のもとで戦国の農民の暮らしにたくましくなじんでいきます。

その一方、羽木家では高山家との争いが続いていました。領民の苦しみを思いやる忠清。

そこに城奪還の好機をこっそり報せたのは、意外にも忠清の兄の成之でした。

戦が再び始まると聞いた唯は、今度こそ足軽の一員になって若君を守ろうとさっそく城に駆けつけますが、事態は予期せぬ展開となり、若君たちや唯に数々の危機が襲い掛かります。

アシガールの第3話の予告!「若君いざ出陣!」

DKH2xKjUQAEzkNz

引用:https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

それらの危機をどう乗り越えていくのか?

いったん平和な時代に戻っても、若君を守るため戦国の世に戻った唯に一体何が待ち受けているのか?

唯は若君を救うことができるのか、次回もますます「アシガール」から目が離せなくなりそうですね。

原作を知る人は、原作とドラマ版の違いなども楽しめそうです。

ですが、放送終了後Twitter上では、やはり原作の根強いファンが多数いました。原作ファンだからこその要望がTwitter上ではたくさんあります。みんなこの原作もドラマも大好きなようです。

それでは、ここで新ドラマ「アシガール」第2話の紹介は終了とさせていただきます。

お目通しありがとうございました。

スポンサーリンク