アシガールのロケ地・撮影場所紹介!土曜時代ドラマの気になる舞台はどこ?

アシガール

2017年の秋ドラマで放送が予定されているアシガール、放送日は9/23(土)からの放送となっています。

ユースケサンタマリアが主演の「悦ちゃん」に続いての土曜時代ドラマ枠として注目されています。

森本梢子の人気コミックが原作とあって話題になっているようで、今回はそんな期待の高まるアシガールのロケ地をまとめてみました。

東京成徳大学深谷中学校、高等学校

2016fukaya01top_1

引用:https://www.syutoken-mosi.co.jp/school/entry/detail000210.php

埼玉県深谷市、JR高崎線深谷駅南口から徒歩10分程度の場所にある東京成徳大学深谷中学・高校で7月9日にこ黒島結菜さんがドラマの撮影をしていたという目撃情報がありました。

ドラマのあらすじはまだ公開されていませんが、原作では主人公の速川唯は脚力だけが取り柄の平凡な女子高生という設定です。

ですから、おそらく主人公の通う学校のロケ地として使われたのがこの東京成徳大学深谷中学と高校ではないかと思います。

この学校の陸上部の生徒たちもエキストラで出演したそうです。

目撃情報も多数寄せられているので、ドラマでの登場シーンが楽しみです。

所在地:

スポンサーリンク

深谷城址公園

25981003353

引用:https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=25981003353&GroupCD=0&no=

埼玉県深谷市、JR高崎線深谷駅から徒歩10分程度の場所にあります。

その名の通り、深谷城の跡がある公園で、黒島結菜がアシガールの撮影をしていたという目撃情報がありました。

原作では、主人公が戦国時代にタイムスリップするという内容となっているので、城跡であるこの深谷城址公園は、戦国時代のどこかのお城のロケ地として使われた可能性がありますね。

この場所はドラマ「女の勲章」や映画「DESTINY 鎌倉物語」などでもロケ地として使われた場所として知られています。

多くのドラマでロケ地として使われているということはロケ地として最適な場所だと言えるので、今後も撮影が行われる可能性は高いですね。

所在地:

深谷市内

深谷市内で9月5日黒島結菜さんが撮影しているという目撃情報がありました。

メインのロケ地としてこの深谷市が舞台となっているのかもしれませんね。

実はこの深谷市は様々な映画のロケ地として使われています。

「64-ロクヨンー」「青天の霹靂」「そして父になる」など日本映画の必見作ともいえる作品がこの深谷市で撮影が行われました。

都心から離れた、これといった観光地もないこの深谷市がロケ地として使われるのは、この場所の”何もなさ”が逆にシーンのリアルさや鮮明さを映し出すことができるからだと関係者は言います。

映画のロケの聖地としての深谷市が今度はドラマ「アシガール」の中ででのように使われるのか、今後の目撃情報も注目です。

スポンサーリンク

ワープステーション江戸

loke_sumnail1-5

引用:http://www.warpstationedo.com/

ワープステーション江戸は、時代劇のオープンセットが建ち並ぶ、国内でも有数の野外型ロケ施設で、江戸時代はもちろんのこと、戦国から昭和までの幅広い時代設定が可能だそうです。

ここでは、お堀や太鼓橋、戦国砦や城郭、長屋や旅籠等、豊富な景観を舞台に、数多くの映像作品が撮影されています。

戦国時代が主な舞台となるこのドラマでは、ワープステーション江戸はロケ地としてはかなりの頻度で使われそうですね。

ロケの一般公開もされているようなので、これから多くロケが行われそうなこの場所に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

所在地:茨城県つくばみらい市南太田1176

♦NHK土曜ドラマ「アシガール」

脚力だけが取り柄の女子高生が戦国時代にタイムスリップ。

愛と脚力でこの乱世を生きのびる、時代劇を超えた超エンターテインメント時代劇。

愛する若君を守るために、足軽となって戦国の荒野を駆け廻る唯のパワーと、そのラブストーリーに大注目です。

♦キャスト

速川唯/唯之助・・・黒川結菜

走るのが速いのがとりえの女子高生。性格はマイペース。戦国時代にタイムスリップしてしまい、出会った若君・忠清に一目惚れ。彼を守りぬこうと足軽となって野を駆けめぐる。

羽木九八郎清忠・・・健太郎

戦国の小大名・羽木家の跡取り。父を助け戦いにおもむく凛々しい武将。十八歳のわりに大人びており冷静で聡明な性格

羽木成之・・・松下優也

忠清の兄。母の身分が低く跡取りではない。武道は好まず花を生けるなど穏やかに見えるが、心の内を見せない。

吉乃・・・ともさかりえ

梅谷村の農民の寡婦。ひょんなことから「息子」として唯を引き取ることに。凛とした美しさを持つ賢い女性。

松丸阿湖・・・川栄李奈

松丸家の姫。忠清との婚約の話が進められている。可愛くておっとりしている。

速川覚・・・古館寛治

唯の父。専業主夫として医師の妻を支えている。のんびりしているが家事は完璧。

速川美香子・・・中島ひろ子

唯の母。自宅の敷地でクリニックを開いている開業医。さばさばしていて気風がいい。

スポンサーリンク

アシガールのロケ地まとめ!

時代劇×ラブコメディという斬新な人気コミックがどのようにドラマで描かれるのかとても楽しみですね。

今のところ、まだロケの目撃情報は多くありませんが、今後のロケ地情報が楽しみです。

メインの舞台となりそうな深谷市はもちろん、城跡などの時代劇に適した場所はロケ地になる可能性があるので、自分の住む地域のそういった場所で撮影が行われるかもしれないと思うとわくわくしますね。

スポンサーリンク